自由に生きる!

隆敏officialblog・自由に生きるためのノウハウをシェアします。

人生のスピード調整|早ければいいとか遅ければいいじゃない、最速で最高クオリティを目指せ!

63|人生のスピード調整

時間、
人生で唯一平等に与えられたものです。

時間において
速い方がいい時と、
ゆっくりの時の方が
良いことがあります。

例えば、
競争に勝つためには、
早い方がいいです。

小学校の頃、
かけっこが得意で、
早く走れる子は1番になり
他の子よりモテたりします。

学校で、
計算や解答が早い人の方が
問題を早く解けて
テストで高得点が取れます。

仕事が早くできる人の方が
仕事やビジネスにおいて
売上という数字の勝負で勝てます。

100万円を1年間で稼ぐのと、
1ヶ月で稼ぐのは
評価も、価値も全然違います。


しかし、
車はスピードを180キロ出したら、
危ないし、逮捕されるし、
裁判になることもあります。


速いだけではダメであるということがわかります。


確実性や安心を取るためには
ゆっくり動くべきです。

早く走るために、
しっかり効率の良いフォームをつけるためには
ゆっくりと何度も反復して
動画やコーチに見てもらった方がいいし、

計算し終わった後の
計算ミスや解答の見直しするときは、
ゆっくりじっくり見た方がいいです。

仕事でも、自己分析や
問題点やミスの発見、行動の振り返り
などは丁寧にやった方がいいです。


事故を起こさないためには、
ゆっくりとしたスピードで
車を走らせるべきです。


早ければいいわけでもないし、
ゆっくりやればいいわけじゃない。


「なるほど、
 バランスが大事ってことですかね?」

と思うかもしれませんが、
僕が言いたいことは違います。


最速のスピードで
最高のクオリティ
(安全性や確実性)を目指すことがベスト

だと思います。


早く完璧に作ることは難しいです。


ですが、これができることが、
最も価値があるんじゃないかなと思います。

そして、それを実現するのは、

「どのアクションが一番目標達成に合っているか?」

で判断するってことが大事だなって思います。

早くやることは当たり前。
その上でいかに確実に、かつ安全に、確実に
結果を出すことが出来るのか?

両方を取ることが理想、
だと思いました。

限られた時間の中で
いかに高いクオリティで
ミスのないものを提出するか?

が大事だなと思いました。


あなたも、今何かしらチャレンジしていることがある、
もしくはこれから取り掛かろうと思っているものがあれば、

「いかに最速で、クオリティを最大化できるか?」

というものを考えてみると、
今までより早く、
今までより高い質のものができるかもしれません。

 

PS.

僕が体験したこと、感じたことを
多くの人に伝えていきたいです。

頑張るエネルギーになるので
少しでもいいな!って思ってくれたら
いいね、シェア、コメントして貰えたら
本当に嬉しいです。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。


63日目/365日目
2019年2月25日PM22:27
From:新宿御苑


#人生にドラマを
#365日チャレンジ