人生にドラマを。たかOFFCIALBLOG

人生を思い通りに、マイペースに、好き勝手に、自由に生きる”主人公力”、”大好きをブログにして生きる方法”をに伝授します。

【情報発信者へ】コンテンツのクオリティをUPさせる17のライティングテクニック

たかです。

17のライティングテクニックをご紹介します。

 

ここでのコンテンツとは、ブログの記事やSNSの投稿、電子書籍やテキストや教材などのことを指します。

タイトルなどにも活かせます。

 

1 挑発的な言葉や単語を使う

殺、す・セ◯クス・破産・死、ぬ・ひき逃げ・オ◯ニー・お金・辞表・遺書・...

文章は5倍強く書くくらいがちょうどいいです。

 

2 同じ事を繰りかえす

人は一度では覚えられないので、1つの記事やコンテンツの内で、

「さっき言ったから」という事ではいけないので、同じ事を何度も繰り返してあげなくてはいけないのです。

 

 

3 ストーリーを増やす

 

桃太郎や浦島太郎に始まり、人間は子供の頃から物語(ストーリー)が大好きです。


説明文ばかりではなく、所々に物語をいれてあげましょう。


例:ダイエットで彼氏を振りかせる方法
⇒彼氏がデート中にスタイルの良い女を見ていた

 

4 お得な知識を随所にいれる

 

商材の主旨とは外れても、お得な知識を随所で教えてあげましょう。
お得な知識とはお金、恋愛、健康など、誰でも聞きたいテーマのことです。

 

5 かぎかっこを増やす

 

「本当ですか!」など、人はかぎかっこがあると、目を留めてしまいます。

 

テクニックとして、相手の気持ちを代弁してあげることです。


例えば、


「なるほど、こうやって代弁してあげると、人の理解は深まるんですね」のように、随所に自分の伝えたいことを、相手の意思のように代弁してあげると、コンテンツの理解や感動が深まります。

 

6 イラストや図をいれる

一般の書籍ではなく、記事・PDFという媒体を活かして視覚的にもわかるようにイラストや図をいれてあげましょう。

 

7 色を使う

大事な部分には、色や蛍光色を使いましょう。


8フォントやサイズを変える


同じく、フォントやサイズを変えましょう!

 

9 デザインを意識する

 

ヘッダーやフッター、表紙をつけて、デザインを意識します。

 

また改行に気をつけましょう。

改行は1・3・4・1のようにテンポよく、見た目がよくなるように改行する。最高でも4行まで。箇条書きは3つまで。


10 ピークエンドを意識する


タイタニックってどんな映画ですか?」と質問されると、ほとんどの人が船が沈んだ映画と答えます。

 

なぜかというと、人は

「一番盛り上がった部分」「一番最後」しか

記憶に残らないからです。


ですので、常に感動的で、印象深いラストシーンにしてください。

 


11 パッと絵がうかぶほど五感を使って具体的に書く

 

「おいしそうなケーキ」ではなく黄金色のこげ目と、口の中ですぐに溶けてしまうようなやわらかさツーンと程よい酸味の効いた、プルプル震えるケーキです。

といった具体的に書いてあげましょう。


12 数字を使う


「お金儲けの17の秘密」「体重が3.8 キロ減りました!」のように、

人は数字が大好きです。

 

とてもとか、多いとかではなくて具体的な数字をいれましょう。

 

その場合、5キロではなくて、4.1 キロのように
細かく具体的に、そして奇数であるほうが信憑性が高いです。

 

13 いきなり答えを言わない(フックをきかせる)

例えば...
マーケティングとは、先にお客さんにプレゼントを渡し、その返報性を利用して販売することである。
と書くよりも...
相手にとって得のある、相手にとってなじみのある、たとえ話から入ると、人は読んでしまいます。


このたとえ話を先にもってきて、説得力をあげることを、フックをきかせるといいます。


13 ひらがなやカタカナを多く使う

人は、3秒でものを判断するクセがあります。
ですので、パッと見、漢字がおおいだけで、嫌になってしまいます。
なるべくひらがなやカタカナ、数字を多く使うようにしてください。

 

14 自分の辛かった過去、恥ずかしかった過去、逆転人生をオープンに


誰も共感できない人の話は聞きたくありません。
同じ悩みを持つ人、同じ苦労を持つ人を好きになります。
一流のコピーライティングには、必ず「共通」があります。


ですので、商材内に自分の悩みや苦労を(他人の商材の場合はその人の過去や悩み)を
多く書くようにしてください。誰も上から目線の説明は聞きたくありません。


15 みなさんではなく、あなた
1 対1で話しかけるように、書いてください。

あくまで文章は1人の人に対して書きます。


みなさんというより、あなたはと表現します。

 

16 オープニングで読まれるか、読まれないかが決まる

 

実は、人は本文よりも、オープニングや前書きで良い悪いを判断します。


コピーライティングも情報コンテンツのライティングも同じで、フックを聞かせるために4つの大切なポイントを意識してください。

 

1 ベネフィット
2 興味性
3 反社会性

4 具体性

 

例えばあなたが、水を販売しているとします。


いきなり「2万円で、水販売します!」といっても..誰も買いませんよね。


最初に、相手にとって興味のある内容を話さなくてはいけません。


【ベネフィット】

 ベネフィットについてはこちらをどうぞ。

takabin.hatenablog.com


例えば、水を飲むメリットは、肌がツルツルになる事です。
「彼氏に赤ちゃんの肌みたいで気持ちいいと言われました...」
肌にメリットを感じる人なら、ついつい読んでしまいます。


例えば、あなたの水を飲むとたくさんのメリットがあると思います。

 

>ダイエット
>美肌
>新陳代謝
>頭がよくなる
>子供が健康になる
>長生きできる
・・・・・・


色々とあると思うのですが、その中でも一番強烈なメリットを見つけ、

それに「だから」をつけるとベネフィットが見つかります。
ダイエットができる。だから...
頭がよくなる。だから...

 

例えばあなたの家に、電話がかかってきて
「電話をKDDIに変えませんか?...」といわれたら、「間に合ってます」ガチャンと電話
を切ると思います。

 

しかし

「あなたの1ヶ月の支出を50%削減する方法を...」
と言われれば、ついつい聞いてしまいます。


これがベネフィットであり、オープニングです。

よっぽどあなたのファンならともかくとして
誰も、あなたの話なんて聞きたくないのです。


人は自分にとって”得”のある話しか聞きたくありません。

 

オープニングの、残りの3つの要素について詳しく話します。

【反社会性】

言ってはいけないこと、やってはいけない事、普通は言わない事です。
ちょっと眉をしかめて「ん?」と思わせるような内容です。

【具体性】

 

数字などです。
何日で、何%、何秒...
数字がはいると、信憑性が高まります。

 

【興味性】

 

中途半端で終わってたり、最近流行の単語だったり、ストーリーからはじまったり
これは人の感性によって少し変わりますが、興味深い事です。

 

______________


このように4つの要素がオープニングに入っていると

人は読まずに入られません。

 


17全体像を頭にいれてライティングする

 

ライティングの基本は3部構成です。

 

【結論→理由→方法】

 


例えば、あなたの伝えたいことの一番大事なテーマが、「朝勉強すること」だとします。


その場合...


結論:勉強で一番大事なのは、朝勉強することです。


理由:その理由は1、2、3(理由は3つ程度あると説得力が増します)


方法:具体的にこうしてください。


全体的に3部構成にするのはもちろん、1項目ごとにも使ってください。


そのために、自分のコンテンツのキーワードがわからないといけません。