0円総合研究所

あらゆるコストをゼロにする方法を0円で発信します。ビジネス、お金、節約、ライフハック。

記事を書くときはスピードとクオリティどっちが大事?

記事はスピード?クオリティ?

f:id:takabinziyuuzin:20171201041207j:plain

 

かです。

 

 

この前ブログを書いてる教え子を

コンサルしているときに

その時に聞かれたのがこんな質問でした。

 

 

『記事を書くときに、

 スピードとクオリティは

 どちらを重視すべきでしょうか?』

 

 

この答えというのは、

 

 

僕らブログを書いている人たちに

共通して言えることだと思うので

 

シェアしようと思います。

 

 

 

ここを勘違いしてしまうと、

いつまでたっても作業がはかどらず、

 

どんどんやる気がなくなって

モチベーションが下がって、

 

せっかくやりたいことがあっても

「俺じゃ無理なのかな」

とネガティブな気持ちになってしまいます。

 

それは

ものすごくもったいないことです。

 

逆を言うと

これさえわかっておけば

 

あなたがブログを書くときに

頭の中がスッキリして

どんどんやる気が出て

 

「ブログ書きたくてたまらない!!」

と楽しすぎて時間を忘れて

ブログを書くことができます。

 

 

楽しみながら記事を書いているので

読者からの反応率も高く、

 

「次の記事も楽しみにしてます!」

と嬉しいコメントをいただき、

 

まるで有名人になったかのように

チヤホヤされたり賞賛の声を

浴びるようになるでしょう。

 

 

あなたがフリーランス開始から

快調なスタートを切ることができますし、

 

これから始めるというあなたにとっても、

実現が早まると思います。

 

 

ぜひ最後まで

気を抜かずに読み続けてください。

 

 

さて、先ほどの質問。

 

 

『スピードとクオリティはどちらを重視すべきでしょうか?』

 

 

結論はもちろん、

 

スピードです。

 

 

もう少し正確に言えば

 

最初は早いスピードで書きまくって、

早く書けるようになってきたら、

徐々にクオリティを意識していく

 

のがオススメです。

 

 

なぜか?

 

そもそも最初のうちは

時間を書けたところで

うまく書けないからです。

 

 

日本人は教育上、性格的に

失敗を恐れる傾向になります。

 

特に完璧主義な人の傾向に見られるのですが、

記事の質を高めることにこだわりすぎて

 

あーでもない、こうでもない、

 

とウンウン頭を悩まして、

結局何時間も何もせずにダラダラ過ごしてしまう。

 

 

ちなみに僕は完璧主義なところがあるので

まさにこのような失敗をしまくりました。

 

「こんな記事公開してもいいのかな?」

「誤字脱字とかないかな?」

「ちゃんと伝わってるかな?」

 

と考えて、1記事に3時間、4時間とか書けてしまい

「やった感」があるだけで

全然作業が進んでない。

 

そんなことしょっちゅうありました。

 

 

今振り返ると

これはすごくもったいないです。

 

本当に時間の無駄になってしまいます。

 

せっかくあなたにはブログで

伝えたいことやあなたの記事を

待っている読者がいるのに、です。

 

 

 

 

なので、悩むくらいなら

スピードで1記事書き切ってしまった方が良いです。

 

いきなり100点満点非の打ち所がない

記事を書くのは正直言って不可能に近いです。

 

最初は下手でもいいんです。

 

 

何事もそうなんですが、

最初は皆初心者です。

 

物事ができるようになる過程を

よく自転車が乗れるまでに例えられますが、

 

あなたが子供の頃、

友達が自転車に乗ってるのを見て

「僕も自転車に乗りたい!」と思い、

 

最初に自転車に乗ろうとしても、

ふらふらしてバランスが取れず、

すぐにバターンと転んで

 

「うわああああん!」泣いて痛い思いしますよね。

 

「もう乗りたくないよお!」と嫌な思いをしても

それで次のときにお父さんに

「今度は一緒に練習しよう!」

と言われ、

 

自転車の後ろの部分を持ってもらって

「お父さん離さないでね!」

と注意するも、

お父さんがコッソリ離した瞬間に

ビターンと転んでまた泣いて・・・

 

そんなことを繰り返すうちに

だんだんと1人で漕げる距離が

伸びていって、

ゆっくりだったのが早く漕げるようにもなって、

 

気づいた頃には1人で速さも距離も

自由自在漕げるようになってる。

 

 

ブログも同じで

少しずつ成長していく

イメージでいいんです。

 

だから、最初は下手くそでもいい。

どんなに時間がかかってもいい。

 

 

少しずつレベルアップしていけばいいんです。

 

だから、最初はクオリティ=うまく書く

必要なんてないんです。

 

僕の最初の記事なんて本当に

ゴミみたいなものでした。

 

今見返すと恥ずかしくて目を覆い隠したくなる、

顔から日が出そうなくらい恥ずかしいです。

 

(今は消えましたが、

 ちなみに厨二病丸出しの記事でしたw)

 

 

 

最初はクオリティは求めなくていいので、

スピード重視で書きましょう。

 

60%のクオリティ、いやもっと低くていいので

30分くらいで1記事書いてしまい

ちゃちゃっと終わらせましょう。

 

それを積み重ねていけば

長い文章でもスラスラ書けるようになりますし、

勝手に意識しすぎなくても

クオリティも上がってきます。

 

一度早く書けるようになって、

自分がどれくらいのペースで書けるのか

わかってきたら、

徐々にクオリティをあげる、

記事の質を上げる

 

これでいいと思います。

 

もちろん、

「この記事だけはどうしてもしっかり思いを伝えたい」

「画像をふんだんに使って面白く、

 なおかつわかりやすく伝えたい!」

と思ったら何時間でも書けていいです。

 

ちなみに僕も1記事に書ける時は

5時間とか書けることもあります。

 

しかし、それはあくまで

自分の記事スピードをコントロールできる

ようになってからの話なので、

 

最初は

スピードだけ意識しましょう。

 

 

スピード勝負。

 

 

今日はこれだけ覚えて帰ってください。

 

 

では今回は今すぐできるワークを出します。

 

 

①パソコンを開いてブログを立ち上げる

 

②自分が伝えたいテーマを1つ決める

 

③30分間でタイマーをセットする

 

④30分間で1記事書き上げて

 途中でもいいから記事を投稿する

 

 

これをやってみてください。

 

このトレーニングをし続けることで

最初は大変かもしれませんが

今よりも記事を書くスピードが格段に上がり

あなたの生産性は高まります。

 

それに含めてクオリティも徐々に上がっていき、

めちゃくちゃわかりやすくて

なおかつ面白い記事が大量に書けるので

あなたのブログのファンもどんどん増えていきます。

 

ファンが増えればあなたがサービスを販売したら

 

「今すぐ欲しいです!」

「買わせてください!!」

「ぜひ◯◯さんに教わりたいです!」

 

と喜んであなたの銀行口座にお金を

振り込んでくれるようになり、

 

あなたはパソコン1台で安定収入を得ながら

世界を飛び回り、好きな時間に好きな仲間と

好きな場所で生活することが可能になります。

 

 

なので、その1歩目として

ぜひやってみてくださいね!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

 

たか