人生にドラマを。たかOFFCIALBLOG

人生を思い通りに、マイペースに、好き勝手に、自由に生きる”主人公力”、”大好きをブログにして生きる方法”をに伝授します。

最初に知っておきたい!コピーライティングの”3Not”

f:id:takabinziyuuzin:20171130214902j:plain

かです。

 

今回はコピーライティングのスキルの

最重要項目について話していこうと思います。

 

そもそも、今読んでくれているあなたは

「コピーライティング」に興味がありますか?

 

 

この記事を読んでいるあなたは、

コピーライティングスキルを習得したいと

思っているのかもしれませんし、

 

おそらく、コピーライティングには

興味が湧かないよーと思っているかもしれませんね。

 

 

コピーライティングは結果に直結する

 

まずは、コピーライティングがビジネスをする上で、

どれだけ重要なスキルなのかを理解してほしいです。

 

コピーライティングというスキルにより、

文章を書く上で1番根幹になっているものは、

”リストマーケティング”です。

 

お客さん主体のマーケティングに基づき、

行動心理学や脳科学に基づいて

文章構成を組み、

お客さんが行動を起こすことを、

 

まるで手を引くように自然にアシストすることが

できるというものです。

 

つまり、

あなたがお客さんに

「こう行動してほしい、

 この商品を買ってほしい」

と思った時にそういう行動を起こすように

誘導することができるスキルなのです。

 

コピーライティングのスキルを身につけることで、

今度、あなたが取り組むブログ・事業を

より”スムーズ”に”円滑”

に進めやすくなると思います。

 

言い換えればあなたの事業の成功を

より加速させるスキルになるということです。

 

つまり、このスキルを習得することが

あなたにとって

『大きなプラスになる』

ということは言うまでもない、

ということは理解して頂けたでしょうか?

 

 

コピーライティングでターゲットの行動を誘導する

 

では今回はそのコピーライティングの基本の基本、

そもそもお客さんは文章を読む時にどんな気持ちなのか、

どんな行動を起こしているのかということを

話していこうと思います。

 

 

コピーライティングのスキルの中で

1番重要で基礎中の基礎の概念に

「3NOT」「3ない」と呼ばれるものがあります。

 

紙に書いてほしいんですが、

 

この「3NOT」は

「読まない(Not Read)

 信じない(Not Believe)

 行動しない(Not Act)

の3つのNを頭文字をとったものになるのですが、

これは文章を前にしたお客さんの行動を示しています。

 

これから、これを1つ1つ解説しますね!

 

 

読まない(Not Read)

 

人はまず文章を目の前にしても読まないものです。

 

それに興味を惹きつけられる何かしらの

きっかけがないとそのままただの文字配列として

受け止め、スルーしてしまいます。

 

信じない(Not Believe)

 

たとえ文章を読んでもらえたとしても、

それをそのまま信じたりしません。

 

基本人は疑う生き物です。

 

つまり、書いたことを、

そのまま信じて行動してくれるような

単純なことではないのです。

 

行動しない(Not Act)

 

さらに、いろいろ根拠を提示して信じてもらえたとしても、

知ってはいるが行動できない状態に移ります。

 

つまり、行動する必要性を感じなければ、

例え読んでもらうことに成功し、信じて貰うことが

できたとしても全く意味がないのです。

 

 

コピーライティングはこれらの「3Not」の壁を

1つ1つ超えるために駆使していく必要があります。

 

まず根幹にこの「3Not」という

考え方があるということを知っておくことが、

コピーを書く上での大前提になっていきます。

 

人はそこにある文章を、

そもそも「読まない」し、

書いてある内容を読んだとしても「信じない」、

たとえ信じたとしても「行動しない」。

 

この1文を頭に入れておいてもらいたいです。

そしてそれがマーケティング

構築する上での原則だと知っておきてほしいです。

 

この「3Not」を打破できる文章を

コピーライティングを使いながら書いていくことで、

 

お客さんに伝えたいことがしっかり伝わるようになり、

その結果お客さんに

お金を支払って頂くことに繋がっていきます。

 

結果、事業の成功に大きな役割を

果たしてくれるものであることを

理解してもらえれば、と思います。

 

 

まとめ

 

大切なことをまとめます。

 

人はそもそもそこにある文章を「読まない」し、

書いてある内容を読んだとしても「信じない」し、

たとえ信じたとしても「行動しない」』

 

このことを踏まえた上で、

コピーを書いておくことが、

読む気のない人間でもつい立ち止まって見てしまうような

コピーが完成するものだと考えます。

 

もちろん、この概念だけでは十分ではありませんし、

コピーライティングとはとても奥が深く、

常に安定した文章を書くことは容易なことではないです。

 

本当に大切なことは、

「読まない・信じない・行動しない」人の気持ちに寄り添い、

 

「なんでこの人は読まないんだろう?」

「どうして信じてくれないんだろう?」

「どうやったら行動してくれるかな?」

 

ということを、突き詰めることだと思います。

 

記事を読む人間が満足し、

感情を揺さぶるような

素晴らしいコピーを書くことは

「誰か」の気持ちを理解することです。

 

そのことをあなたにも

常に考えてほしいと思います。

 

 

ありがとうございました。

 

たか