読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかびんログ

鈴木隆敏(たかとし)の公式ブログ。3分あれば僕たちは、未来を変えていける。 In just three minutes, we can change the future.

 

隆敏です。

 

今回は、

 

「やるべきことがたくさんあるのに

 やる気が出ないクソッタレな自分を、

 たった30秒で

 時間を忘れるほど集中させる秘訣」

 

について話します。

 

 

あなたは何かやるべきことがあるのに

「やる気が出ない…」

と思うことはありますか?

 

僕はしょっちゅうありました。

 

高校時代、家で溜まった宿題に

取り組もうとした時、

 

「あーやる気でないなー」

 

と思ってしまい、

 

結局

「今日はやる気が出ないからいいや」

とめんどくさがってやらない、

 

ということが多々ではありました。

 

 

今でもたまに、こう思うことはありますが、

最近ではその回数が減ってきた気がします。

 

なぜかというと

それは「ある考え方」を知ったからなんです。

 

 

この考え方を知るだけで

 

今まで先延ばしにしていた

やらないといけない課題に難なく取り組むことができます。

 

しかもものすごく集中して課題に取り組めるので

短時間でバババと終わらせることができ、

 

今あなたが本当はやりたいと思っている

好きなことや楽しいことをする時間を手に入れるでしょう。

 

 

 

それは

 

何事においても

始める時に一番エネルギーが

かかることを知る

 

ことです。

 

 

一体どういうことでしょうか?

解説していきますね。

 

 

あなたが今やらないといけないことが

あるのになぜか取り組めない。

 

その原因は

「始める時にエネルギーを使うからです」

 

これはどんなものにでも当てはまります。

 

 

例えば、

 

エアコンは電源を入れた時に一番電気を使うことをご存知でしょうか?

 

飛行機は離陸する時にもっとも燃料を使います。

 

 

 

これと同じで

人間も動き出す時に一番パワーを使います。

 

なので、

これから勉強するぞ!と決めて机に座り、

ペンを握りしめて文字を書き出す時に

一番エネルギーを使うんです。

 

このエネルギーの消費が大きければ大きいほど

自分に負担がかかり、

それが「めんどくさい」「やる気でないな〜」

と思ってしまう原因なんです。

 

しかし、逆にいいますと

一度動き出すとそのあとは少ないエネルギーで済みます。

 

もし、

エアコンを2時間使うなら、

何度もつけたり消したりするよりも

2時間付けっ放しの方が電気代が安く済みます。

 

飛行機は一度離陸してしまえば、

あとは自動運転でほとんど惰性で飛びます。

 

あなたも、掃除とか、普段はめんどくさいと思うけど

やり始めたらなんか楽しくなって

没頭してしまったなんて経験がありませんか?

 

そうなんです。

一番めんどくさいのは一番最初だけなんです。

 

動き出すとあとは惰性で

少ない力で進むことができます。

 

 

 

じゃあどうすれば重い腰を上げることができるのでしょうか?

 

これには手順があります。

 

 

ステップ1:得たい欲望を鮮明にイメージする