読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかびんログ

鈴木隆敏(たかとし)の公式ブログ。3分あれば僕たちは、未来を変えていける。 In just three minutes, we can change the future.

自分の可能性を0%にする、絶対に言っちゃダメな3つの言葉

間は、
自分で発した言葉で作られる
 
自分の発した言葉で、
自分を洗脳している
 
といいます。
 
 
自分の言葉というのはすごく大事なものです。
 
なんて人に言ってあげるのか、
なんて自分に言うのか、
 
実はすごく気を使うべきポイントなんです。
 
 
自分が普段からどんな言葉を使っているのか、
周りの人とどんな会話をしているのか、
 
そして自分のいうことを変えるだけで
あなたの生活は良い方向にも悪い方向にも
ガラリと変えることができます。
 
 
その中でも今回では絶対に言ってはいけない
3つのNGワードを紹介します。
 
 
念押ししておきます。
 
この3つの言葉を使った瞬間に
あなたの成長や進化は止まります。
 
 
もっと自己成長したい!
自分を高めたい!
もっと上のステージに行きたい!
 
と少しでも思うのなら
今回紹介する3つの言葉だけは
絶対に使わないようにしてください。
 
 
この言葉を使った瞬間、
あなたへのあらゆる可能性が0%になります。
 
 
目標や夢は100%実現しないですし
いつまでたってもできない自分のままなので
周りの人からバカにされ続け、
劣等感まみれで人生終わることでしょう。
 
 
さらに
どんどん人があなたに近寄らなくなり、
自分の周りから人が離れていき
最終的にあなたは一人ぼっちになってしまう
かもしれません。
 
 
それくらいやばい言葉だと言うことを
認識してください。
 

f:id:takabinziyuuzin:20170303110258j:plain

 
 
 
ではその3つの言葉を紹介します。
 
 
 
それは、
 
「無理」
「いや」
「でも」
 
 
この3つの言葉です。
 
え!?と思ったかもしれませんね。
 
結構よく使っているかもしれません。
 
ですが、これを言うと
あなたはどんどん悪い方向に進むことは
間違いないです。
 
 
一つずつ簡単に解説します。
 
「無理」
 
これは単純に、言ってしまうと
自分にはできないということを認めてしまうことになります。
 
冷静に判断して「これはできないな」
と判断するのはいいですが、
ただ単純にできないとすぐに思い込み
 
「自分には無理だから!」
というと本当に120%無理になってしまいます。
 
一番最悪なのが、
 
やってもいないのに
無理だと諦めてしまう
 
ことです。
 
 
とりあえずやってみる精神が大事です。
もしできないとしても、
 
無理だと考える前にまず
なんとかしてできる方法はないのか
と考えてみてください。
 
それだけでうまく確率はかなり上がります。
 
 
 
 
 
 
 
「いや」
「でも」
 
これはまとめて紹介します。
これを言う人は非常に多いですよね。
 
特にうまくいかない人が言う言葉ナンバーワン
だと言っても過言ではないです。
 
 
「いや」「でも」
というのは、「否定」の意味を含んだ返答ですよね。
 
つまり、これを相手に言った瞬間
「お前の話は聞かないぞ」
ということが伝わってしまうのです。
 
だから、「いや」「でも」と
言い続けている人は嫌われるし
人が近寄りたくなくなります。
 
あなたが部活動をしているとして、
バスケットボールをしているとします。
 
「シュートは左手を添えて打つといいよ」
とアドバイスをしました。
 
 
それなのに後輩が
いや、でも
 僕は両手でシュートした方がいいと思うんですけど」
 
と言われたらあなたはどう思いますか?
 
 
僕なら
「話聞かないやつだな」
「こいつにはもう教えない」
と思います。
 
 
 
できればそう言う人とは関わりたくないです。
 
 
 
基本的に何かを始める時や教わる時、
自分の今までの固定概念や考えは
捨てて、まっさらな状態でいた方がうまく行きます。
 
素直さ、というのが成功の鍵だ、
ということを僕は先輩から耳にタコができるほど言われてきました。
 
 
上の人や、教えてくれる人は
あなたにうまくいってほしいから色々な
アドバイスを言ってくれます。
 
 
小学校の先生も
「時間をちゃんと守りなさい」
「人の約束を守ろうね」
「仲良くしよう」
「整理整頓しっかりやろう」
 
とアドバイスをくれました。
 
でもそれをしっかりをできている人は
以外にも多くないのです。
 
 
これはどういうことかというと、
 
「いや、自分はこう思うんだけど〜」
「でもさ、それって〜だよね」
 
相手の意見を否定して聞き入れてないからです。
 
人の話を聞かない人の多くは
「いや」「でも」を多用します。
 
 
今回の話を聞いて
「いや」「でも」「無理」と言った瞬間
自分の人生は終わる
 と思ってくれてもいいくらいです。
 
 
しかもこの3つの言葉何よりも恐ろしいのが
 
無意識のうちに言っているので
自分には気づきにくい
 
ということです。
 
 
ではどうすれば「いや」「でも」「無理」
と言わなくなるのでしょうか。
 
 
僕も偉そうに話してきましたし、
普段から気をつけていますが、
どうしても「いや、でも」「無理」
と言ってしまうことがあります。
 
そのためには3ステップでできることが
あります。
 
ステップ①プライドを捨てる
ステップ②自分の固定概念を一旦横に置く
ステップ③自分よりも上を行く人、
     先輩のことを信じてみる
 
この手順でやってみてください。
 
他人の意見を否定してしまうのは
相手よりも自分が優っていると言うプライドが一つ原因にあります。
 
なので、一旦自分のプライドを捨てて
「相手からアドバイスをもらおう」
と決めてください。
 
固定概念を置くと言うことは
アドバイスをもらう時に
頭の中を少しでもスッキリさせてから話を聞くことです。
 
アドバイスというのは時に自分の価値観、
経験、知識から大きくかけ離れたものも多くあります。
 
 
自分の今までの頭の中の情報を一旦横に置いて
とりあえず話をウンウンと聞いてみる。
 
 
聞いた上で良い情報と悪い情報、
必要なものと不要なものを頭の中で分別しましょう。
 
それだけで新しい有益な情報を得ることができます。
 
 
上の人が言ってくれたアドバイスを一旦信じてみる
というのは、
少なからず、お世話になっている先生や先輩たちは
あなたのことを失敗させようとして
アドバイスするわけではないです。
 
 
うまくいってほしい
あるいは間違った方向に進まないように
道を示してくれます。
 
なので、自分が信頼している人の言葉は
「いや、でも」などといって情報をシャットアウトするのではなく、
 
一旦、
「あの人が言うのなら信じてみようかな」
と思って行動してみてください。
 
そして行動してから
「あのアドバイスは正しかったんだな」
「やったけど結果でないから違う方法を考えよう、聞いてみよう」
と判断してください。
 
 
それだけであなたはかなり成長できると思います。
 
 
今回の話を聞いて
「いや」「でも」「無理」
と言う機会を1回でも少なくし、
 
あなたの人生が良い方向に進んでくれる
ように願っています。
 
ぜひやってみてください。
 
 
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
 
隆敏
 
 
 

生きた屍のような自分をフルスピードでつき動かす4つのガソリン

f:id:takabinziyuuzin:20170304223243j:plain

 

隆敏です。

 

人は行動するのを嫌います。

 

できるならいつまででも寝ていたいです。

ゴロゴロしていてもお金が入ってきた方がいいです。

 

人は楽な方に行動していきます。

 

ですが、

 

何かしらの分野で成功する、

顕著な結果を出すためには

必ずどこかで行動を変えたり、

きつい道を選んで進む必要があります。

 

 

今回は、

人が行動できない4つの理由

を紹介します。

 

この4つの理由を理解し、解決することで

あなたの意識や基準はガラリと変わり、

目標を達成したり夢を叶えたりすることができます。

 

面倒なタスクにも重い腰が

すっと上がり

 

今目の前にあるやるべきことに

バリバリこなし

今までより速いスピードで取り組むことができます。

 

早く課題を終わらせたあなたは

好きなことに時間を割くことができ

優越感と楽しい時間を過ごすことができます。

 

 

そして、難なく辛い道を乗り越えたあなたは

自分の理想や夢を当たり前のように

掴み取り、最高の人生を過ごしながら

最後の瞬間を迎えることができるでしょう。

 

 

僕の好きな言葉にこんなものがあります。

 

夢なき者は理想なし。

 

理想なき者は信念なし。

 

信念なき者は計画なし。

 

実行なき者は成果なし。

 

成果なき者は幸福なし。

 

ゆえに幸福を求むる者は

 

夢なかるべからず。

 

 

・・・

 

日本の実業家の言葉です。

 

 

あなたが幸せを手にしたいなら

夢を持つことは大前提。

 

夢さえあれば

どんな幸福を得ることができます。

 

今回の話を聞く前に

あらためて自分の夢を紙に書き出しておいてください。

 

 

ではいきましょう。

 

 

<行動が変わらない4つの理由>

 

 

①チャンスがない

 

これに陥る人は常に他人のせいにしている

傾向があります。

 

そして、自分が一番辛いと思っています。

 

ですが、これは間違いです。

 

今情報社会でチャンスというのは

いくらでも転がっています。

 

チャンスがないのは、誰かのせいにして

行動していないだけなのです。

 

自分が一番辛いと思っているのは

そう思い込めば自分が行動しなくて済むからです。

 

 

②強い欲望がない

 

人は欲望で動きます。

欲望がない、欲望が少なければ行動できません。

 

お金稼げたら良いな〜

痩せたら良いな〜

あの子から好かれたら良いな〜

 

みんなこの程度くらいにしか

思っていないから行動できないのです。

 

 

③感情的なブロックが多い

 

これをしたらダメなんじゃないだろうか。

恥ずかしい思いをするんじゃないか

否定されたくない

 

こういう思い込みが行動を妨げてしまいます。

 

④能力がない

 

自分にはできない

あの人は特別だ

 

そう思って自分に蓋をしてしまう

 

確かに人には向き不向きがあります。

ですが、「できない」という理由だけで

諦めてしまうのは非常にもったいないです。

 

 

ではどうすれば上にあげた

4つの理由をなくして行動できるようになるのでしょうか?

 

<自分を突き動かす4つの方法>

 

①チャンスを生み出す

 

チャンスがないという人の場合、

目の前にきっかけはあるのに

それを何かしら言い訳をつけて掴み取ろうとしない人です。

 

その人が悲劇のヒロインを演じている場合が多いです。

 

そういう人を行動させるには、

その人よりも辛い人の話をしてあげる

と行動してくれます。

 

そうすると

「悩んでいるのは自分だけじゃない」

「僕はまだマシじゃないか」

と安心して意識が変わります。

 

 

②強い欲を喚起する

 

別にやりたいことないし。。。

 

そう思っている人に対しては

 

損得を教えてあげましょう。

 

人が行動するのには

基本的に2種類しかないそうです。

 

1つ目がメリットがあること

もう一つがデメリットがなくなること。

 

・行動することによるメリット

・行動しないことのデメリット

 

これを自分に、相手に伝えてあげましょう。

 

そうすることで

「これをやったら○○が手に入る」

「これをやらなかったら○○を失う」

 

頭の中でイメージできればより効果的です。

 

 

③感情的なブロックを外す

 

あの子に話しかけたら嫌われるんじゃないか

迷惑がられるんじゃないか

やりたいことがあるけど誰かに反対されそうだし

 

 

そう思う人は

「とりあえず一回やってみる」

精神を持つべきです。

 

案外なんとかなる場合が多いですし

意外と思い通りになってくれることがあります。

 

もちろん、失敗することもありますが

行動しないことには何も生まれません。

 

まずやってみて

失敗したら改善する、

成功したらなんでうまくいったのか分析してみる

 

まずは一歩を踏み出してみましょう。

 

不安なことがあるのなら

僕に相談してくれても構いません。

 

 

④自分を高める

 

先ほども言いましたが人には向き不向きがあります。

 

能力がないのは仕方ないかもしれませんし

能力がないと行動できないのは事実です。

 

ですが、それで諦めるのは違います。

 

僕のお世話になっている先輩がよくいう言葉があります。

 

「自分の可能性に蓋をするな」

 

この言葉にいつも支えられています。

間違いないな、と思います。

 

未来は誰にもわかりません。

ですが、行動を変えないことには

未来や運命は絶対に変わりません。

 

自分の可能性を信じて

何かしら行動を変えて行くしかないです。

 

まずは自分の可能性を信じて

行動してみましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

今回は行動するための4つのポイントに

ついて話しました。

 

 

この4点を抑えることで

「やる気でないな〜」

「やらないといけないのにダラダラしちゃう…」

 

こう思い自分から

 

「早くやりたい!!」

「やる気がドバドバ溢れてくる!!」

 

という自分になれるでしょう。

 

 

ぜひやってみてください。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

隆敏

 

 

 

 

 

人生で最も楽しい瞬間

人生で最も楽しい瞬間があります。

 

それは同年代の人たちと

夢を語り合うことです。

 

 

僕は夢や目標を持っていてそれに向かって

努力や行動している人が大好きです。

 

行動が結果に伴っていなくても

夢を叶えるために何かしら行動できるだけでも

すごいと思います。

 

今の人たちは夢を語る人が少ない気がします。

 

目の前のつまらないことに気を取られ

どうでもいいことに時間やお金を浪費して

あとあとになって後悔する。

 

こんな人生を過ごしている、

あるいは何も考えずに日々を生きている

ような人とは関わりたくないと思っています。

 

 

そういう人は夢を持ってる人の邪魔をするので

絶対に近寄りたくないですね

 

僕の好きな言葉にこんなものがあります。

 

「夢は口にしないと叶わない」

 

本当にそうだと思います。

 

夢を語りましょう。

そうすれば楽しくなります。

 

 

 

勝ち続ける人と負け続ける人の最大の違いとは??

同じ環境

同じ指導法

同じ練習

 

なのになんで結果が出ないんだろうか・・・

 

あなたはこんなことを思ったことはありませんか?

 

 

なぜ全く同じように学んできたのに

結果に大きな差が出るのでしょうか。

 

そこには

ある共通点があったのです、

 

 

今回はそれについて書いていきます。

 

 

これさえ守れば

あなたがこれから何を始めても

他の人より大きな成果を出せますし、

 

逆にこれができていないだけで

あなたはどんなに頑張っても

うまくいかず

周りとの差がどんどん開いて

 

「なんで俺だけ・・・」

と悲しい気持ちになるでしょう。

 

 

 

ではそれは一体なんのか

 

それは

 

基準値

 

です。

 

 

成功する人は基準が違います。

 

 

例えば、

毎日ブログを書くとします。

 

1日1記事書く人と

1日10記事書く人がいます。

 

 

当然10記事書く人の方が基準が高いしうまくいきます。

 

 

基準を高めるにはどうすればいいのか。

 

 

それはスピード感を高めることです。

 

 

スピードを早くすればするほど

早く高いところまで到達することができます。

 

 

圧倒的な数をこなす中で

質がどんどん増していきます。

 

 

数をこなすなかで

あなたはどんどん結果が出て行くでしょう。

 

 

今すぐできることとしては

ちょっと無理かな?

と思う目標を意識しましょう。

 

 

今あなたがマラソンで5キロ走れるとして

今日は10キロ走ろう!

と目標設定したとすると

 

10キロは走れないかもしれませんが、

少なくとも6キロくらいは走れると思います。

 

 

ゴールから逆算して自分の力を

うまくコントロールできるようになるし

自分の潜在的な能力を引き出すこともできます。

 

ぜひ

 

・基準を高める

・基準を高めるために数をこなす

・数をこなすために自分の限界より高い目標設定する

 

この順番にやってみてください。

 

そうすればあなたは

何をやっても人より高い結果を出すことが

できるようになるでしょう

 

 

ぜひやってみてください。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

隆敏

同じ環境

同じ指導法

同じ練習

 

なのになんで結果が出ないんだろうか・・・

 

あなたはこんなことを思ったことはありませんか?

 

 

なぜ全く同じように学んできたのに

結果に大きな差が出るのでしょうか。

 

そこには

ある共通点があったのです、

 

 

今回はそれについて書いていきます。

 

 

これさえ守れば

あなたがこれから何を始めても

他の人より大きな成果を出せますし、

 

逆にこれができていないだけで

あなたはどんなに頑張っても

うまくいかず

周りとの差がどんどん開いて

 

「なんで俺だけ・・・」

と悲しい気持ちになるでしょう。

 

 

 

ではそれは一体なんのか

 

それは

 

基準値です。

 

 

成功する人は基準が違います。

 

 

例えば、

毎日ブログを書くとします。

 

1日1記事書く人と

1日10記事書く人がいます。

 

 

当然10記事書く人の方が基準が高いしうまくいきます。

 

 

基準を高めるにはどうすればいいのか。

 

 

それはスピード感を高めることです。

 

 

スピードを早くすればするほど

早く高いところまで到達することができます。

 

 

圧倒的な数をこなす中で

質がどんどん増していきます。

 

 

数をこなすなかで

あなたはどんどん結果が出て行くでしょう。

 

 

今すぐできることとしては

ちょっと無理かな?

と思う目標を意識しましょう。

 

 

今あなたがマラソンで5キロ走れるとして

今日は10キロ走ろう!

と目標設定したとすると

 

10キロは走れないかもしれませんが、

少なくとも6キロくらいは走れると思います。

 

 

ゴールから逆算して自分の力を

うまくコントロールできるようになるし

自分の潜在的な能力を引き出すこともできます。

 

ぜひ

 

・基準を高める

・基準を高めるために数をこなす

・数をこなすために自分の限界より高い目標設定する

 

この順番にやってみてください。

 

そうすればあなたは

何をやっても人より高い結果を出すことが

できるようになるでしょう

 

 

ぜひやってみてください。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

隆敏

新しいことを始めるときに邪魔になる壁をぶっ壊す方法

何か新しいことを始める時

障害となるのは

 

確実に

 

「身の回りの環境」であることが多い

 

です。

 

資格を取るためにがっつり勉強したい!

なので学習塾に高いお金を払う場合も

 

今所属しているコミュニティを離れて

新しい環境に足を踏み入れたい場合も

 

 

特に、「新しいことを始める」場合においては

 

 

身の回りの人から

バッド(「辞めた方がいいんじゃない?」)

が入る可能性が非常に高いです。

 

 

こういう、バッドを入れてくる人を

ある人はドリームキラーと呼んだりもします。

 

 

ある経営者は

「何回も人に見捨てられて今がある」

と言っていたりします。

 

 

多分、ビジネス・商売の世界に入るときに

一番ネックになるポイントは

この「人間関係」に左右されないかどうか、

 

たったこれだけだと思います。

 

 

今こうやって、僕は初めて思うことは

商売することなんて

就職して生きていこうと決断するより

ずっと楽な決断なんです。

 

 

それなのに、なんで

周りの人間は止めようとしてくれるのでしょうか。

 

親は、あなたが心配なのかもしれません。

 

ですが、

周りの友達は、実は何も心配してないんです。

 

人間の本能には、

「他人よりも遅れたくない」

というものがあります。

 

その本能は特に

「自分と同じくらいのレベルの人に置いて行かれる」

ときに発生します。

 

例えば、あなたが20歳だとして

英語をペラペラに喋れるようになりたいとします。

 

40歳の人がペラペラと喋れたら

「すごいなあ」と思うでしょう。

 

外国の人がペラペラ喋れたら

「当たり前だな」と思うでしょう。

 

 

 

「自分より上手く行かれちゃうと、ちょっとやだな〜」

と思っているのが本音なんですよ

 

 

僕はインターネットビジネスの世界に

足を踏み入れたとき

誰にも相談せずに始めました。

 

親にも友人にも、です。

 

本気で僕はやりたかったからです。

絶対に周りの人には理解されないだろうと思っていました。

なので黙って始めました。

 

最初は

「何か怪しいことしてるんじゃないか?」

「急にパソコンそんなにいじりだして何してるの?」

「最近付き合い悪いな〜」

 

そんなことを言われました。

でも僕には関係ありませんでした。

 

僕は自分がやりたい!と思ったことは

何が何でもやってみたい、試してみたい

と思ってしまうタイプなので

後先考えずに始めました。

 

もちろん僕から離れていく人もいました。

でも僕のことを信じてくれた人もたくさんいましたし

今では前よりもっと多い仲間と尊敬できる先輩を

手に入れられました。

 

 

もしあなたが何か新しいことを始めたいと

思ったときに

相談する相手はしっかり選びましょう。

 

相談相手を十分に気をつけないと

他の人に邪魔されて

あなたが本当にやりたいこと、夢は

叶わなくなってしまう恐れがあります。

 

一度きりの人生、

他人のためではなく、自分のために

時間やお金、エネルギーを使うようにしましょう

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

隆敏

 

「幸せ」ってなんだっけ??

あなたは
 
自分の”幸せ”の定義
 
を持っていますか?
 
 
どんな状態の時が
あなたの幸せですか?
 
その軸がブレなくなると
人生は随分と楽になるように思います。
 
どんな時も、その状態に戻れば
良いだけなので。
 
 
多くの人は、
 
成功したら幸せで、失敗したら不幸
と考えているように思います。
 
だから失敗を恐れるし、
何とか失敗なく成功しようとして
身動きが取れなくなります。
 
 
また、テレビCMでも映画でも
成功=幸せという洗脳が繰り返し
流されています。
 
 
だからこそ、こんな考え方もあるよ
と、知って欲しいのですが、
 
成功と幸せは何の関連もないし、
失敗と幸せもなんも関連もないのです。
 
 
何が言いたいかというと、
 
成功していても、失敗していても、
 
上手く行っていても、上手く行かなくても、
 
人は幸せでいることはできる、
 
ということです。
 
 
そうなんです、
 
上手く行っていても
上手く行ってなくても
 
そんなのは関係ないのです。
 
 
上手く行っていなくても
幸せでいることはできます。
 
逆に言えば、
 
上手く行っていても不幸せな毎日を
送ることもできるのです。
 
 
結局、幸せと現状の結果というのは
関連がないことなのです。
 
だから、もっと大切なことは、、、
 
・・・・・・・・
 
『自分にとっての幸せ』
 
を、はっきりさせておくことだと思います。
 
 
この状態であれば、いつでも
幸せでいられる、と言うのを
見つけておくことだと思います。
 
 
僕にとっての幸せは、
 
『自分が誰かを思いやれている状態』
『旅先で美しい景色を見る』
『海辺のおしゃれなカフェでコーヒーを飲み、
 浜風にあたりながら
 Macでカタカタタイピングしている』
『自分の好きなやつと
 自分たちの将来や夢について語り合っている時』
『今までの自分の常識を覆すような
 新しい驚きの知識や情報を得て
 ゾクゾクし、知的好奇心が満たされている時』
『ものすごい人たちに囲まれてその人たちから
 話を聞いて自分の人生のモチベが
 グインと上がっていく時』
 
これらができていてば、
 
上手く行っていても
下手をこいていても、
 
関係なく、幸福感に浸ることができます。
 
 
これは、あくまで、僕個人の幸福についてです。
 
自分が勝手にやって入れれば
いいという感じです。
 
でも、思いやりの交換ができたら
やっぱりもっと幸せですね。
 
繰り返しになりますが、洗脳されて
成功とか失敗が幸福と
リンクしているように考えていたら
 
いつまで経っても、今を生きることも
楽しむことも、できないように思うのです。
 
隆敏