読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかびんログ

鈴木隆敏(たかとし)の公式ブログ。3分あれば僕たちは、未来を変えていける。 In just three minutes, we can change the future.

あなたの夢を叶える史上最強のスキル

むかしむかし、あるところに

二人の少年がいました。

 

その二人は年も、身長も、顔も、

ほとんど同じような人でした。

比較的裕福な家庭で3人兄弟。

 

同じような家庭で育ち、

同じように教育を受け、

同じようにすくすく育ちました。

 

時を経て、

彼らは大学を卒業し、

24歳になりました。

 

1人は普通の会社員、

工場勤務で、毎日長時間残業し

朝7時に出社し、

家に帰るのはいつも夜の23時。

 

年収は400万円ほどです。

 

もう一人は経営者になり

年商3億円の売り上げを誇る

会社を創立しました。

 

すでに会社を売りオーナーになっていたので

何もしなくてもお金が入る状態で

アーリーリタイアという形で

山奥に別荘を借りてのんびり生活していたそうです。

 

能力も容姿も全て同じ。

 

この2人を命運を分けたのは

一体なんなのでしょうか?

 

それにはたった一つの考え方の違いでした。

 

 

それは

「未来を明確に意識したのが早かった」

ということです。

 

一人の少年は不運にも

20歳の時、大学在学中に

両親を交通事故で亡くしていました。

 

その時に

「自分の人生を全て自分で決めなければいけない」

という最大の選択を迫られました。

 

ここままいったらやばいんじゃ・・・?

今のまま大学卒業したら俺はやばいな

就職してもいい話全然聞かないし

ここまで俺は本当に大丈夫なのか?

 

お金はどうしよう。

俺が兄弟を養わないといけないし。

 

あれこれ考えました。

 

 

そして彼は最終的にたどり着いた答えが

自分で大きなお金を稼ぐことでした。

 

自分でビジネスを起こして

死ぬ気で働き、考え、そして

世間一般で言われるような成功を手に入れました。

 

もう一人の場合はどうでしょうか?

 

時に何も考えず

みんなが就職するから俺も・・・

みんなが遊んでいるから大丈夫だろう、

なんとかなるだろう、

 

とダラダラ過ごしていました。

 

そんな風に4年間過ごし

普通に授業を受け、普通に単位を取り、

普通にバイトをして、普通に飲みにいって、

 

気づいたことには何も残っていませんでした。

 

なんとか就職できたけど

工場で、長時間勤務で安月給で生活し

つらい思いをしていました。

 

 

この話はここまでですが、

あなたはどう思いました?

 

この話を人ごとのように聞くのか、

自分ごととして捉えるのかで

あなたの人生は大きく変わります。

 

 

まずやってほしいことは

「未来のことを明確にイメージする」

ということです。

 

基本的に今の状態の延長線上が

あなたの未来です。

 

 

例えば、

 

ファミリーマートで店長をしている人がいるとして、

1年後の未来に、

同じようにファミリーマートの店長をやっている

確率は高いですよね。

 

何かしら行動や変化を起こさないと

今の状態のまま年をとります。

 

 

何も考えず、目の前の、日々をダラダラこなして人生に

待ち受けているのは

自分の理想とはかけ離れたつらい人生です。

 

 

ここまで来て、

「僕が何を言いたいのか」

と言いますと

 

 

「今から動き出せ!!!」

 

と声を張り上げてあなたに言いたいです。

 

自分が

ここまま行ったらこれやばいなと

思った時に何かしらアクションを

起こさないとやばいです。

 

若いうちに行動しないと

理想的なライフスタイルを手に入れるのは

非常に難しくなります。

 

特に何をやってほしいのかというと

自分の力でお金を生み出すこと

学んでほしいということです。

 

世の中の大半のことは

「お金」

で解決できます。

 

お金がなくても幸せならそれでもいい」

という人がいますが

僕はそうは思いません。

 

 

お金がないだけで

大切な人を守れなくなります。

 

お金がないだけで

ご飯を食べたり、安全な場所に住むことができなくなります。

 

お金がないだけで

厄介ごとやトラブルに巻き込まれます。

 

 

僕はお金がないことは悪

だと思っています。

 

資本主義という社会に生まれたからには

生きるためにお金が必要です。

 

 

先日聞いて

なるほど!と思った話があるのですが

 

幸せという漢字は

土の下にお金のマークでできています。

 

ーーーーーーーーー

幸=土

  ¥

ーーーーーーーーー

 

お金は全ての土台です。

 

まずはお金を稼ぐことから始めましょう。

 

あなたの理想や夢を叶えるためにも

お金を稼ぎましょう。

 

お金を稼ぐためのスキルを身につけましょう。

 

 

「お金を稼ぐためのスキルは

 どうやって知ればいいのか?」

 

についてはこれからお話ししますね。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

隆敏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

固定概念をぶっ壊す、世界をも変えるアイデア捻出術

この世界にはノウハウやテクニックであふれていますが、

完璧な方法はありません。

 

なので、思考停止にならずに

もっといい方法を探し続けましょう。

 

そのためには自分が進化し続ける必要があります。

 

ですが、いきなり全てをこなそうとするのには

限界がありますし難しいです。

 

そんな時は、うまくいっている人や、ものを

マネしてみましょう。

 

100%をマネして

20%のオリジナルをプラスして

120%でやってみるのが良いですね。

 

ちなみにマネというのは丸パクリということではありません。

本質を100%マネするということです。

 

そのために本質を見抜く練習を常日頃から心がけましょう。

 

人間の脳はすごいパワーを持っています。

 

冷静に考えてみると、

この世界にあるものは、

自然以外のものは全て人間の手によって作られています。

 

考えればアイデアは作れます。

 

ではどうやったら素晴らしいアイデア

思いつくことができるのでしょうか?

 

 

それは

考え続けることと、

人と話してみる

ということです。

 

たとえ、今まですごいアイデアがあったとしても

「もっといいアイデアはないかな?」

「もしかしてこっちの方がいいんじゃないか?」

「これってこういうことかな?」

 

とにかく思考停止にならずに

あれこれ考えてみましょう。

 

思いついたことをポンポン出して

紙に書いてみましょう。

この作業を「壁当て」といったります。

 

どんなにクソみたいなアイデアでも

そこにダイアの原石があることもあります。

 

あれこれ考えていきましょう。

 

考えるポイントとしては、

・自分がワクワクするアイデアをひねり出すこと

・やりたくなって仕方ないものを出す

 

ということを意識しましょう。

 

僕の尊敬する経営者さんが

何十億の売り上げを出す企画・アイデアを考える時、

「落とし穴を掘るイメージ」だといっていました。

 

幼少時代を思い出してみてください。

あなたは落とし穴を作ったことはありますか?

 

友達を落とし穴に入れるために

穴を掘りますよね。

 

その時って

「さ〜て、あいつを落としてやるぞ〜」

と穴掘るのがすごく楽しいですよね。

 

その感覚がとても大事です。

 

そして、アイデアは、

「人に聞いてもらいたい!」

「寝ても覚めてもワクワクするようなもの」

 

そして、

そのアイデアを実際にやってみること

 

自分で考えて攻略できた時、

めちゃくちゃ嬉しいですよね。

 

没頭してみましょう。

楽しんでやりましょう。

 

考えることはすごく楽しいものなんです。

 

楽しんでいる奴が一番結果を出せます。

 

なので、あなたも

毎日、ワクワクするような

イデアや行動できるように

意識してみましょう。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

 

 

不安を消し去り、新しい自分に出会えるマインドセット

あなたは普段、どうしようもなく

不安に襲われることはありますか?

 

「僕にはできるのだろうか?」

「どうしよう…」

「なんとかしなきゃ・・」

 

そう思って本当にやりたいことに

取り組めず、足踏みしてしまう。

 

僕も今までそうでした。

 

以前はものすごくネガティブ思考で、

何かを始めようとしたら

いつも悪い結果をイメージしてしまい、

被害妄想にふけっていました。

 

でも今思えば

これは非常にもったいないことだということに

気づきました。

 

 

今回は、

「不安を消し去る方法」

についてお伝えして行きます。

 

 

まず、不安について興味深いを話します。

 

不安というのは、無意識的に

「自分にもできる!」

と思うことにしか発生しません

 

 

例えば、

あなたは、明日テニスの試合があります。

なんと、その試合に勝つと

賞金として100万円もらえます!

 

気合が入りますね笑

 

ですが、その対戦相手が

世界で活躍する「錦織圭」選手だったらどうでしょう?

 

おそらく、いくら勝ったら100万といっても

「勝てるわけない…」と思ってしまうでしょう。

 

僕もそう思います。

 

ですが、

 

相手が自分と同じくらいのレベルだったらどうでしょう。

 

多分「勝てそう」「勝てるかな」と思いますよね。

100万円を賭けた戦いなのでお互いに緊張して

不安になります。

 

不安なのは当然です。

だって、まだやったことないんだから。

相手の実力がわからないんだから。

 

 

不安をなくすための唯一の方法は

「まずやってみる」

ということです。

 

 

正解はないです。

全てはテストです。

 

不安に思う前に、悩む前に

まず何か動き出してみる。

 

思いついたことをやってみる、

 

「とりあえずなんでもやってみる」精神が

すごく大事なんです。

 

不安を感じているときはそこに立ち止まってしまいます。

だったらまず一歩を踏み出せばいいのです。

 

結果が出るかはわかりません。

ですが、何でも始めないことには

良い結果も悪い結果も得られません。

 

僕が思うに

「現状維持」が一番最悪です。

 

目の前の不安に目を背けて

怯えたり、何もせずに逃げたりすることは

本当に時間の無駄です。

 

「考える前に、まずやってみる」精神を持つことが

僕は非常に重要だと思っています。

 

ぜひあなたも不安に負けずに

新しいことにどんどんチャレンジしてみてほしいです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

隆敏

 

 

コンプレックスや、ハンデを乗り越える方法

隆敏です。

 

 母親が撮った幻想的な写真に、

胸をうたれる。

 

ニュージーランド

バイオレットちゃんは、

生まれつき右腕がありませんでした。

 

さらに、

ヒルシュプルング病という

腸の病気にもかかり、

 

命を落とす可能性もありましたが、

手術により一命をとりとめました。

 

それをきっかけに、母親である

ホリー・スプリングさんは

決心しました。

 

愛する娘の”一瞬一瞬”を切り取り

残していこうと。

 

ホリーさんは、

一眼レフカメラを購入して、

娘の成長を撮り始めました。

 

ーーーーーーーーー

 

あなたはどんな

ハンディキャップを持っていますか?

腕がない、話せない、歩けない、

耳が聞こえない、目が見えない、

運動が苦手、音痴、太っている、

モテない、友達がいない、

夢がない、やりたいことがない、

 

人は様々な

ハンディキャップを持っています。

 

多くの人は、プロ野球選手や、芸能人、

アーティスト、大富豪、職人などを見て

すごい、この人は天才だと感じて、

「自分には出来ない」と思いがちです。

 

女性ならニキビがある、

太っているというだけでも

カメラや写真を拒んだり、

 

男性ならプライドの強さから、

バカっぽいことをやることを拒んだり、

 

実践する前に、

あえて自分から壁を作ります。

 

しかし、世の中には腕を失い、

病に犯された娘を持って

なおありのままに受け入れ、

彼女の一瞬一瞬を写真に収め、

話題を呼ぶ人もいる。

 

またそれを受け入れる子供だっている。

 

ビジネスで成功されている人の中には

五体満足に動かず腕も自由に動かない、

そんな人が、箸を口でくわえながら、

億という数字を稼いだりしている人もいます。

 

そんな人達が、

「出来ないことなんてない」と

言ったことに対して

 

説得力はあるが、「すごいな〜」と

他人事にしてしまうのか、

「俺にもできる」と自分ごとにするのかで

その人の今後の人生は決まると思います。

 

ほとんどは、出来るのに、

最初から諦めて「自分には出来ない」と

足を止めてしまっているのです。

 

ですが、腕がない人は

腕がないなりに腕のない子供という

自分を認め、生かして

写真集を出す人もいるし、

 

話せない人は話せないなりに、

手話という技術を身につけたり、

初めて海外に行って英語が話せないと

体全体で表現して伝えようとしたり、

 

その状況になると

人は必ず何かしらの対応策を考え、

実行します。

 

結局の所全ては実行に移さなければ

何も始まらず何も分からないのです。

 

あなたは今どんな
ハンディキャップを抱えていますか?

 

ハンディキャップは

受け入れ解決する方法は

思いつきましたか?

 

思いつかなければ誰かに

頼ってみましたか?

 

考えることを辞めて

諦めていませんか?

 

人が美しく光る瞬間のほとんどは、

不可能と思った物を

可能にした時であり、

 

そして、

 

不可能を可能にするのは

自分自身を受け入れ、

可能性に向かって走る

小さな勇気だと思っています。

 

隆敏

【驚愕】最近流行りのユーチューバーの収入を調べた結果・・・

こんにちは!

隆敏です。

 

今回はYoutuberの収入について

気になったので調べてみました。

 

一躍時の人になった

ピコ太郎の例からも

さらにYouTuberが注目されてますよね。

 

YouTubeだと、

今までのテレビの録画なども

アップされているので、

 

効率よく見れて

そこも人気のようです。

 

 

今やいろいろな企業がYouTube

広告を掲載していますが、

 

果たしてどれくらいの収入を

得ることができているのでしょうか?

 

今や中高生、

なんと小学生の憧れの職業の

1つとも言われているんです。

 

気軽に動画をアップできることから

YouTubeへ動画を投稿する

若者層が増えているのも身近な人気の

秘密のようです。

 

YouTubeにおける広告の

単価は1再生あたり約0.1円

 

つまり、1万回再生されれば

約1000円の収入を得られるということですね。

 

内容や時期によって差はあるみたいですが

この単価は日本における

YouTuberの間でほとんど共通している見解のようです。

 

こうやって調べてみると面白いものですね(^ ^)

 

今日は短いですがここまで。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!!

 

隆敏

 

寝坊・遅刻で失う、人生で大事な3つのもの

あなたは今までの人生で

寝坊や遅刻したことがありますか?

 

 

あなたは明日、大事な人と会う約束があります。

集合時間は9時。

移動準備含めて1時間ほどかかります。

 

余裕を持って「7:00」に

アラームをセットし

前日の夜、寝ました。

 

そして朝。

 

朝7時に起きるはずだったのに

「ピピピピ」とアラームが鳴り

目がさめ、時間を確認すると、

 

「11:30」

 

 

「うわぁあああああああああ!!!」

 

完全に寝坊です。

発狂モノです。

 

今の時間を知った瞬間

絶望感ハンパないですよね。

 

そこからは本当に

相手に

「遅刻しました。これから向かいます。申し訳ございません」

というラインを送り

すごいスピードで準備を済ませ、ダッシュで集合場所に向かう。

 

・・・

 

僕もしょっちゅうありました。

朝早く起きられないんです。

 

目が覚めても

「眠い・・・」

「まだ時間あるし…」

二度寝の誘惑に負けて夢の世界へ。

僕はこんなことがざらにありました。

 

 

 

今回は、

遅刻で失う、3つの大切なもの

をテーマに記事を書きたいと思います。

 

この記事を読むことで

 

 

寝坊や遅刻することの恐ろしさを理解できます。

その恐ろしさを知ることができれば

あなたが寝坊する確率を大幅に下げることができるでしょう。

 

100%二度寝しなくなる方法はありません。

二度寝の誘惑は麻薬並みに快楽物質を出します。

 

どんなにすごい人でも二度寝

一度もしない、という人は少ないです。

 

二度寝で苦しんでいるのは

あなただけではありません。

みんな頑張って誘惑と戦っているのです。

 

ですが、それで諦めよう、というわけにもいかないので

格段に二度寝する確率を下げる

をお伝えします。

 

もしあなたが朝が弱く

遅刻してしまう・寝坊する経験があるなら

そのための改善策も書きましたので

最後まで記事を読んで欲しいです。

 

 

では紹介していきます。

 

①時間を失う

 

当たり前じゃん!

と思うかもしれませんが

これは非常に恐ろしいことです。

 

 

人間は一生のうちに

3分の1は「睡眠」に使うといいます。

 

 

睡眠27年

食事5年

 

あなたが残りの人生で

自由に使える時間は20年程度しかないんです。

 

睡眠時間が長くなれば長くなるほど

あなたの人生で本来やるべきことをする時間が

どんどんすり減ってきます。

 

これって冷静に考えると

恐ろしいですね…。

 

二度寝はたいていの場合、

必要じゃないです。

むしろ二度寝してしまうと睡眠のサイクルが崩れてしまい

 

あなたが毎朝、「あと5分だけ寝かせて…」と

二度寝するのを続けていると

どんどんあなたの人生は無くなっていきます。

 

海外の広告のキャッチコピーで

「タバコはゆっくりとした自殺」

というものもありますが、

 

睡眠、特に二度寝も似たようなものだと僕は思っています。

 

 

毎朝、睡眠にあなたは殺され続けているのです。

 

 

今日から二度寝する時間を減らして

自分の人生を取り戻しましょう。

 

 

②自信を失う

 

僕は寝坊するたびに毎回劣等感を感じていました。

 

「また寝坊した・・・」

二度寝してしまった」

「あと10分早く起きられたら余裕を持てたのに」

 

二度寝、寝坊するたびに

自己嫌悪に陥り、自分をダメな人間だと思い

自信をなくしました。

 

すごく嫌でした。

朝からそんなマイナスの感情になっているので

1日中最悪な気分です。

 

 

逆に朝に目覚めスッキリ、

時間に余裕を持って起きられると

ものすごく気持ちがいいですよね。

 

なんだか何でもできるような不思議な感覚になり

自信になります。

 

 

自信を持つ、というのはすごく大事なことです。

自信がないとあらゆることにチャレンジする力や勇気を

失っていきます。

 

逆に自信があるとどんなことでも

うまくいくと思います。

 

毎朝「よっしゃ!今日は起きられたぜ!」

と少しずつ自信をつけていきましょう。

 

 

③自分の信頼を失う

 

さて、三つ目ですが、

正直いうとこれが一番恐ろしいことだと思います。

 

①時間を失う

②自信を失う

 

というのははっきりいうと

何とかなります。

 

時間を失うのも、自信を失うのも嫌な気持ちにはなりますが

自己責任ですので

自分の心構えひとつで改善できます。

 

ですが、信頼を失うというのは

あなたに対する相手からの評価が下がります。

 

ビジネスマンになったら

遅刻なんて言語道断、即クビレベルの失態です。

 

例えば、会社に就職するとして

「○○くんは遅刻するような人間だから

 信頼できないな…」

と思われた瞬間、あなたの出世の道はほぼ消えるでしょう。

 

ビジネスの世界では「信頼」が全てです。

 

信頼があるから仕事がもらえる

信頼があるから商品を買ってくれる

信頼があるから取引してくれる、

 

人間関係も「信頼」で成り立っていますよね。

 

友達は信頼関係でできています。

信頼できない人とは仲良くなりたいと思えません。

 

あなたが、仲の良い友達に

「ごめん!1000円貸してくれない!?」

と言われた時、

「しょうがないな〜」とお金をかせるのは

信頼があってこそですよね。

 

 

この世界は信頼でできていると言っても過言ではありません。

あなたも周りからの「信頼」によって

どんな人なのか判断されています。

 

遅刻や寝坊は

あなたへの信頼を一気に破壊します。

 

「時間にルーズな人だ」

「この人は約束が守れない」

「この人は信用できない」

 

 

あなたが人生においてうまくいきたい、

もっとチャンスが欲しい

友達、人脈を増やしたい

と思っているのなら、

 

最大限信頼を失う「二度寝・寝坊」はやめましょう。

 

 

さて、ここまでで

3つほど二度寝のデメリット、

恐ろしさを伝えてきましたが

 

「じゃあどうすればいいんだよ!」

と思ったかもしれません。

 

 

その最も効果的な方法をお伝えします。

 

それは睡眠の本に書いてある

「朝起きたらカーテンを開けて光を浴びる」

スマホブルーライトで脳を覚醒させる」

「目が覚めたらすぐ体を動かす」

 

などと言ったチープな方法でありません。

僕も二度寝で苦しんでいた時

本に書いてあることをすべて実行しました。

 

目は覚めるんですが

結局二度寝してしまうので

ほとんど効果がなかったです。

 

 

ではその究極とも言える方法をお伝えします。

 

それは

 

「寝坊した時の最悪の状態を鮮明にイメージする」

 

ということです。

 

「え?どういうこと?」

と思ったかもしれませんが

ステップごとに解説します。

 

=====

ステップ1

=====

今日紹介した寝坊の3つのデメリット

①時間を失う

②自信を失う

③信頼を失う

 

この3つのどれかを選んで

いままでの自分の人生で失敗したことを

紙にペンで書いてみる。

 

僕の場合は、遅刻したことで

尊敬する先輩からものすごく怒られ、

自己嫌悪に陥ったことがあるので

それを書き出しました。

 

=====

ステップ2

=====

 

その経験やを思い出して

遅刻した自分の最悪の状況をイメージしました。

 

僕の場合は

「遅刻すると先輩にめちゃくちゃ怒られる」

「先輩からの信頼を失う」

「自分に自信がなくなる」

「本来使える時間がどんどんなくなる」

 

ということを可能な限り鮮明にイメージしました。

 

イメージする内容としては、

 

 

寝坊した時の自分の感情、行動、

 

寝坊して「遅くなります。申し訳ございません」と

ラインで相手に入力している自分、

 

遅刻している状態で焦って準備している自分、

朝からダッシュで走り、汗をダラダラ書く自分、

 

遅刻して「おまえクビな。もう来なくていいよ」

と言われる自分

 

など経験や避けたい状況を元にあらゆるパターンを

想像しました。

 

======

ステップ3

======

目が覚めた時

「このまま寝たら俺はやばい」

ということを自分に洗脳させていく

 

最悪の状況がイメージできたら

次は自分を「二度寝=死」と思えるくらいに

洗脳していきます。

 

これは二度寝グセがなくなるまで

ずっと続けた方がいいと思います。

 

時間は少しかかりますが

これを繰り返していくうちに

必ず二度寝の数が減っていき、

 

あなたは朝スッキリと目覚め、

気持ちの良いモーニングタイムを過ごせます。

 

朝食を食べる時間、シャワーを浴びる時間、

服を着替える、歯を磨く、

 

などと時間に余裕をもって行動できます。

 

時間に余裕が生まれると気持ちにも余裕が生まれます。

 

その余裕が自分の自信につながっていきます。

そして自信満々に行動や発言できるあなたは

誰からも信頼されるようになり

「○○くんはすごい!」

「かっこいいです!」

「いつも頼りにしています!」

 

と感謝されたり尊敬される自分になれるでしょう。

 

 

ぜひ今日から二度寝することなく、

余裕を持って過ごせる人生にシフトしていき

充実した生活を送ってください。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

隆敏

【※閲覧注意※】イナゴを初実食!気になるその味や食感とは??

隆敏です。

 

今日は「イナゴを食べた話」をしたいと思います。

 

なぜ僕がこの話をするのかというと

今回僕はイナゴを食べたことによって

人生が輝き出すきっかけを見出したからです。

 

 

これを知るだけで

あなたが得られる情報の質が高まり、

今までにないアイデアや考えを生み出すことができます。

 

今日僕は生まれて初めて「虫」を食べました。

 

なぜ僕がイナゴを食べたのかというと、

今日の11時ごろ、新宿で

僕が通っているビジネススクール

イベントがありました。

 

月一回程度、集まってイベントを開催しているのですが、

今月は「ボーリング大会」でした。

 

チーム対抗でボーリングを行い、

最下位のチームに罰ゲーム、という企画で、

見事に僕のチームが負けました。

 

その罰ゲームこそ、

「イナゴを食べる」でした。

 

 

ちなみにイナゴはこんな感じです。

 

写真

 

 

思ったよりリアルでビビりました。笑

 

なんか、トゲトゲしてるし、

意外とデカイし、

「え?これ食べれんの?」と冷や汗が止まりません。

 

みんなからの「食え〜」コールが止まらないので

恐る恐る口にイナゴを運びました。

 

・・・

 

うわああああああああ

 

何だろう、この感じ。

 

口の中の異物感がやばい。

かなりカリカリに揚げられているので

食感はなかなか硬い。

 

お腹の柔らかい部分は「フニャリ」と

柔らかいです。

 

味は、正直にいうと、

無味です。

 

 

わかりやすくいうと、

 

味のない、変な形の

カリッカリのポテトチップス

 

です。

 

 

意外と食えましたが、

もう食べたいと思わないですね笑

 

 

今回イナゴを食べて学んだことがあります。

 

それは

「見た目で判断しすぎないほうが良い」

ということです。

 

 

イナゴを食べたことない人は多いと思いますが、

食べたことない人のほとんどは

「見た目がキモい」

からだと思います。

 

僕もそう思っていました。

 

ですが、食べてみると案外食べられるものなんですよね。

 

他にもこのことは当てはまると思います。

 

人は見た目が9割といいますが、

それは事実だと思います。

 

ですが、見た目はものすごく悪い、

極道ヤンキーみたいな人とも、

話してみると、案外良い人だったり、

 

チビデブでキモオタみたいな外見なのに

何億円と売上を立てている

大企業の社長さんだったり、

 

そんなことがたくさんあります。

 

 

僕は今までずっと「梅干し」が大嫌いでした。

理由は小さい頃お兄ちゃんが梅干しを食べているところを見て

「すっぱい!美味しくない!」と言っていたのをみたからです。

それまでも、それ以降も梅干しを食べたことはありませんでした。

 

最近、梅干しを食べる機会があった時に食べてみると

「あれ?意外とイケるな、」

と呆気にとられました。

 

自分では食べたことないのに

他人の考えを信じ、思い込んでしまい

チャレンジしなかったことを後悔しました。

 

 

自分の今までの人生の経験での思い込みのせいで

本来得られるはずであったものが

得られないのはすごく勿体無いです。

 

 

なので、あなたも

人生を豊かにするために

今までやったことないことをチャレンジすることを

意識して見てください。

 

例えば、

日本から一度も出たことがないのなら

パスポートを取って、どこでもいいから海外に行ってみる、

 

家の周りに行ったことない定食屋さんがあるなら

ふらりと入ってみる、

 

 

 

自分のやったことないことにチャレンジすることを

これを僕は「冒険」と呼んでいます。

 

僕は1日の中で

何でもいいから新しい体験をすることを心がけています。

 

今日の「冒険」は

幸運なのか、不運なのか、

「イナゴを食べる」ことでした。

 

その中でイナゴの味や食感、などを知ることができました。

これは食べてないと絶対にわからないと思います。

 

「とりあえずやってみる精神」がすごく大事だと思います。

 

その中で何かを学び取ろうとすると

人間は成長できると思います。

 

そうすることで気づきや本当の自分に出会うことが

できます。

 

あなたも一日一回、何か新しいことにチャレンジする習慣を

つけて見てください。

 

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!